審査が緩いカードローン

2014/12/12 17:44:12 |

銀行などで昔からお馴染みのカードローンは、利用したいと思ったら所定の申し込み手続きを行わなければなりません。しかも手続きが終われば審査が待っています。その審査に無事に通過してこそ、そこで初めてカードローンを使うことができるようになるのです。

 

その審査項目は、申し込み者の職業、勤続年数、年収をはじめとした色々な個人情報になります。しかし、それらの個人情報は皆、その人のお金や信用に関する情報だけに限定されます。

 

何しろ金融機関が知りたいのは、「その人にお金を貸したら元金と利息を併せて、きちんと返済してくれるだろうか」ということなのです。

 

したがって、どこの金融機関でも、審査には身長や体重、血圧や血糖値などの項目は一切ありません。もちろん、その人の容姿が審査されるようなこともありません。金融機関がチェックするポイントは、あくまでもその人の社会的信用力の高さや経済状況、他社からの借り入れ、今までの金融事故の有無などです。

 

ところで、審査される項目全体のことを属性と表現することがあります。

 

そして審査は、その属性が高いか低いかで結果が決まります。申し込み者の属性が高ければ審査に通りますが、低ければ審査に落ちてしまうのです。

 

具体例を挙げると、株式一部上場の一流企業に長年勤務しているような人は、属性が高いと評価されます。逆に中小零細の無名企業に勤務している人は、属性は比較的低くなってしまいます。もちろん、年収が高い人は属性が高く、低い人は属性も低くなります。同じように、自宅は賃貸か持ち家か、公共料金などの滞納の有無によっても属性の高低が決まります。

 

このように、審査基準は属性が高いか低いかが最重要ポイントなのです。

 

ただし、どの程度の属性の高さが求められるのかは、金融機関によって違います。それは審査の難易度の違いとして現れます。一般的に、銀行は比較的審査は厳しく、貸金業者は比較的審査は易しい傾向があります。

 

また、申し込むカードローンの種類や希望する利用枠などによっても審査の難易度は違ってきます。利用枠10万円のカードローンよりも、100万円のカードローンのほうが審査は間違いなく厳しくなります。

 

 

 

学生がキャッシング機関からお金を借り入れたい、と思い立った時に学生、との身分がデメリットにならないかと心配してしまう人が多いようです。

 

20歳以上であれば、まだ学生だけどお金を借りれる?との心配は無用です。20歳未満である19歳、中高生はキャッシング機関からはお金の借り入れができないので気をつけましょう。

 

申し込みをしようにも、20歳未満であれば年齢制限に達していないために申し込みが受理されません。未成年がどうしてもお金を借り入れたい場合、親に借り入れをしましょう。

 

生活費が足りない、飢えている、と逼迫した理由からお金を必要とする場合は、身近な大人に相談をしたり、先生に相談をしてみるのも良いでしょう。

 

高校生となるとアルバイトも可能ですので、アルバイトを始めてみても良いですね。年齢を偽ってお金を借り入れようにも、身分証明書類の提示の際にばれてしまうために絶対にやめましょう。

 

専門学生、大学生、大学院生など、20歳以上であれば学生であってもキャッシングは利用可能。
しかも、親や学校に借り入れを知られる事はまずありません。

 

20歳以上の学生であっても、全く収入が無ければ借り入れが不可能になるために、せめてアルバイトなどを始めてから借り入れ申し込みをしましょう。

 

アルバイトの勤続年数が短かったり、働き始めて間も無い場合でも借り入れは可能。アルバイト先に在籍確認の電話が行くために、在籍確認が可能であるアルバイト先を選びましょう。

 

日払い仕事の場合、在籍確認が不可能になる事もあるのです。学生ですので、利用可能限度額は多額、とはいきませんが交際、遊興、生活費、とできるくらいの金額は借り入れができるはずです。

 

親に知られたくない場合は実家の固定電話番号の記入は避け、連絡は自分の携帯電話に来るよう申し込み記入しましょう。カードは隠す、郵送物は受け取らない設定にする、との配慮も必要かもしれません。

 

一人暮らしだと尚更親にばれる可能性は低くなります。

一般的にカードローンを申し込むと、勤務先に必ず在籍確認の電話がかかってくるようになっています。これは、申し込みの際に記載した勤務先の内容に虚偽が無いか確かめるために必ず必要なことなので、避けることが出来ない確認だと言えます。

 

本来であれば記載した内容をそのまま採用してもらえれば在籍確認というものを行う必要はないわけですが、中には申し込み内容にうそを書いて提出する申込者も少なからずいるため、在籍確認を行い本当にその会社に勤めているのかを調べなければ、安心してお金を貸すことが出来ませんし、何より仕事をしていないのに嘘の勤務先を記載している場合には、無収入の人にお金を貸すことになるため、在籍確認は非常に重要だと言えるでしょう。

 

では在籍確認なしでカードローンを借りることが出来るのかといえば、プロミスとセブン銀行カードローンは在籍確認無しでカードローンを申し込むことが可能になってります。プロミスの場合、正確には在籍確認が無いのではなく、在籍確認を電話ではなく書類の提出でOKにしていると言ったほうが良いかもしれません。

 

在籍している会社の社員証や会社名が記載されている給料明細書を在籍確認の電話の代わりとして扱ってくれるため、会社に電話がかかることなくカードローンの申し込みが可能になります。

 

セブン銀行カードローンは、そもそも在籍確認自体がありません。これはセブン銀行カードローンを利用する際にセブン銀行の口座を開設する必要があるということが大きく関係しています。

 

口座開設時に住所や氏名、勤務先などを記載する必要上がるため、その情報をカードローンに使用して在籍確認を行わなくしているようです。

 

それとセブン銀行カードローンは、初めて利用する場合には借りれる金額が10万円までと設定しているため、金額を低く設定することで在籍確認の手間を省いているとも言われています。

 

もしどうしても在籍確認なしでカードローンを利用したい場合には、プロミスやセブン銀行カードローンを利用すると良いかもしれません。

金融機関からお金を借り入れている多くの人物が突き当たってしまうトラブル、それは返済に困った場合はどうすれば良い?との返済滞納の危機です。

 

そもそもお金が足りないためにキャッシングを行なうのですから、返済時にも返済をするためのお金が足りなく困ってしまう事は珍しくはありません。

 

収入が少ないために借り入れた、他に借金があるために借り入れた、交際が大好きで交際費のために借り入れた、など。まずは収入を増やす、節約をする、おまとめや債務整理をするとできるだけ根本から解決をしましょう。

 

突然の出費の必要があり、返済金額を失ってしまった人もいるでしょう。

 

対処方法としては、給料を前借する、少額であれば日払いバイトを行なう、友人や親からお金を借り入れる、ゲームや本やブランド物があれば売りに出す事です。

 

それでもどうしても返済ができない、と困ってしまったら返済日が過ぎる前に借り入れているキャッシング業者に連絡を入れましょう。今月は返済が困難なのですが、と正直に申告をする事で、キャッシング業者が相談に乗ってくれたり、金利のみの返済で可能としてくれたりもします。

 

キャッシング業者からすると、金利のみを返済し続けてくれる利用者は有り難いのです。大手の消費者金融であっても、返済ができない、と申告すると笑顔で金利のみの返済を勧める業者が殆どです。

 

利用者側からすると、金利のみの返済は毎月の返済金額が少なくなり、金欠時にはとても助かるのですが、完済日が遠のいてしまい元金は全く減らないので長い目で見ると損になってしまいます。

 

絶対にやってはいけないのが返済ができないからといって知らん振りをしてしまう行為です。一言でも連絡を入れなければ督促の電話が殺到してしまいますし、場合によっては金融機関から借り入れが不可能になったり、裁判を起こされたりと泥沼になってしまいます。

 

返済ができずとも激怒してくるキャッシング業者は皆無であり、大抵は笑顔で解決策を提案してくれます。

給料日前などで生活費が足りない場合、とても便利なのがキャッシングというローンです。キャッシングは利用しているカードの限度額までであれば、いつでも好きな時にお金を引き出すことが可能なため、近年利用者を増やしてるローンだと言われています。

 

給料日前などにどうしてもお金が足りない場合、足りない分だけキャッシングで補填するという使い方はキャッシングを使う上で最も合理的で便利な使い方だと言えるかもしれません。

 

もちろん給料日になったら補填した金額を返済するようにしていれば、キャッシングは生活する上での大きな看方になってくれることでしょう。しかし注意しなければいけないのは、給料日になっても補填した金額を返済せずに、またお金を借りてしまうというパターンです。

 

通常キャッシングは、借りた金額の全額を翌月返済する必要があるため、借りすぎりると返済が出来なくなる可能性が高いローンです。カードローンの場合は、毎月の返済額が決まっているため、それほど家計の負担になりにくいといえるかもしれません。

 

しかしキャッシングは借りた分だけ必ず翌月返済を迫られますので、無理な借り方をすると給料日に返済でお金が残らないといったことも考えられます。生活費が足りない場合のキャッシング利用は給料の前借りと同じようなものですから、キャッシングを使えば使うほど、給料を前借りし続けているということにもなります。

 

最近ではキャッシングで利用した金額をリボに変えることが出来るサービスもあるようですが、これは結果的に返済が長引くだけですし、支払う金利も一括返済のキャッシング時よりも多くなりますから、お勧めできない支払い方法だといえます。

 

生活費の補填でキャッシングを利用するのであれば必要な金額だけの借り入れに留め、収入があった時点で借りた金額分を別にしておくということが重要になって来るでしょう。使い方次第で便利にもなり不便にもなるキャッシングですから、使い方を誤らないように気をつけて利用しましょう。

キャッシングなどを利用した場合、その情報は必ず残るようになっています。

 

これはお金を借りている人がきちんと返済を行っているのか、どのくらいお金を借りているのかを把握するために必要なことで、その情報は信用情報機関と呼ばれるところに細かく残されています。

 

この情報は消費者金融や信販会社などが利用するためのもので、新たにカードローンやキャッシングを申し込んだ人が過去に金融トラブルを起こしていないか等を知るための情報源となっています。

 

もし過去にキャッシングなどの利用で遅延や延滞を繰り返していた場合、そういった人には新たにお金を貸そうとは思わないはずです。その情報がもしも無い状態だと、貸す側は申し込み者の素性が全く分からないままお金を貸すことになるため、リスクが高すぎるということにもなります。

 

信用情報があるからこそ、貸金業というものは正常に成り立っていると言っても過言ではないかもしれません。信用情報には債務整理などを行なった場合にも情報が残るようになっており、自己破産などを行なった人がカードローンを申し込んだ場合でもすぐに分かるようになっています。

 

自己破産を行うと言うことは、借金などで生活が成り立たなくなったと言うことですから、その情報が信用情報機関に無ければ、返済出来ないかもしれない人にお金を貸すことになるわけです。

 

債務の遅延や延滞を繰り返した人、債務整理を行なった人はブラックリストと呼ばれる状態になり、貸金業者が審査の際にすぐに分かるようになっています。ブラックリストとは社会的信用が著しく欠損している状態のことですから、お金を貸すに足らない人ということでローンの利用が出来ない状態のことを指します。

 

信用情報とはその名の通りその人の信用を測るための情報となっていますから、カードローンなどの返済を甘く見て遅延などを繰り返していると、いつの間にか自分のし尿が無くなっている場合がありますから注意したほうが良いでしょう。

カードローンは誰でも借りやすいモノではありますが、それでも100%借りる事が出来る訳ではありません。やはり借りやすい人と借りにくい人が居るのは事実です。

 

審査に通るには、それなりにコツがあるんですよね。自分ではどうにもならない所もありますが、やれるところも確かにあります。細かい部分は色々とありますが、一回はじかれてしまった場合は、違う会社で審査して貰うと通る事もあります。

 

意外と一回でダメだと止めてしまう人も多いのですが、そのカードの会社によって審査の方法も、強弱も違っているので、通る可能性は十分にあります。どういう人に貸したいと思っているかでも大きく変わって来ます。

 

それを踏まえた上でのコツですが、返済の事を考えた場合、貸す側は相手の収入が大事になるのは分かりますよね。しかし、その高さと言うのはあまり重要ではありません。特にカードローンの場合はその傾向が強く、安定した収入があるのか、と言う方が遥かに高く重視されています。

 

昔では考えられないかも知れませんが、アルバイト歴なども判断の材料になります。今はフリーターの人も多いので、お給料などを貰う所がどうかと言うよりも、こういう所で判断されてきますね。定期的に返す事が出来る、と客観的に示すことが出来るかどうかです。

 

なので、示す時は一番高いモノなどではなく、一番安定しているものを示して置く方が良いでしょう。笑い話ではなく、不安定な高収入の事例よりも、フリーター時代の毎月の収入だと通ったという事もあります。もっと金額の多いローンでは別ですが、カードローンの場合はこの安定が顕著です。

 

なので勤続年数なども重要ですね。一般的には一年以上勤めていると通りやすくなると言われています。あまり細かく転職していると、勤続年数が少ないのでそれだけで不安定と判断されてしまう事もあります。

 

その他では、借りる申し込みを少し間を開けると言うのもあります。

 

あまり連続で審査に落ちると、何故か不安定だと考えられてしまうようです。審査に通るには安定が最重要事項です。信用情報は昔ほどには重視されていません。とにかく不安定に見える部分は失くして行きましょう。だからと言って嘘を付いてはいけませんが。