学生なんだけどお金を借りれる?

学生なんだけどお金を借りれる?

学生がキャッシング機関からお金を借り入れたい、と思い立った時に学生、との身分がデメリットにならないかと心配してしまう人が多いようです。

 

20歳以上であれば、まだ学生だけどお金を借りれる?との心配は無用です。20歳未満である19歳、中高生はキャッシング機関からはお金の借り入れができないので気をつけましょう。

 

申し込みをしようにも、20歳未満であれば年齢制限に達していないために申し込みが受理されません。未成年がどうしてもお金を借り入れたい場合、親に借り入れをしましょう。

 

生活費が足りない、飢えている、と逼迫した理由からお金を必要とする場合は、身近な大人に相談をしたり、先生に相談をしてみるのも良いでしょう。

 

高校生となるとアルバイトも可能ですので、アルバイトを始めてみても良いですね。年齢を偽ってお金を借り入れようにも、身分証明書類の提示の際にばれてしまうために絶対にやめましょう。

 

専門学生、大学生、大学院生など、20歳以上であれば学生であってもキャッシングは利用可能。
しかも、親や学校に借り入れを知られる事はまずありません。

 

20歳以上の学生であっても、全く収入が無ければ借り入れが不可能になるために、せめてアルバイトなどを始めてから借り入れ申し込みをしましょう。

 

アルバイトの勤続年数が短かったり、働き始めて間も無い場合でも借り入れは可能。アルバイト先に在籍確認の電話が行くために、在籍確認が可能であるアルバイト先を選びましょう。

 

日払い仕事の場合、在籍確認が不可能になる事もあるのです。学生ですので、利用可能限度額は多額、とはいきませんが交際、遊興、生活費、とできるくらいの金額は借り入れができるはずです。

 

親に知られたくない場合は実家の固定電話番号の記入は避け、連絡は自分の携帯電話に来るよう申し込み記入しましょう。カードは隠す、郵送物は受け取らない設定にする、との配慮も必要かもしれません。

 

一人暮らしだと尚更親にばれる可能性は低くなります。