生活費が足りない時のカードローン

生活費が足りない時のカードローン

給料日前などで生活費が足りない場合、とても便利なのがキャッシングというローンです。キャッシングは利用しているカードの限度額までであれば、いつでも好きな時にお金を引き出すことが可能なため、近年利用者を増やしてるローンだと言われています。

 

給料日前などにどうしてもお金が足りない場合、足りない分だけキャッシングで補填するという使い方はキャッシングを使う上で最も合理的で便利な使い方だと言えるかもしれません。

 

もちろん給料日になったら補填した金額を返済するようにしていれば、キャッシングは生活する上での大きな看方になってくれることでしょう。しかし注意しなければいけないのは、給料日になっても補填した金額を返済せずに、またお金を借りてしまうというパターンです。

 

通常キャッシングは、借りた金額の全額を翌月返済する必要があるため、借りすぎりると返済が出来なくなる可能性が高いローンです。カードローンの場合は、毎月の返済額が決まっているため、それほど家計の負担になりにくいといえるかもしれません。

 

しかしキャッシングは借りた分だけ必ず翌月返済を迫られますので、無理な借り方をすると給料日に返済でお金が残らないといったことも考えられます。生活費が足りない場合のキャッシング利用は給料の前借りと同じようなものですから、キャッシングを使えば使うほど、給料を前借りし続けているということにもなります。

 

最近ではキャッシングで利用した金額をリボに変えることが出来るサービスもあるようですが、これは結果的に返済が長引くだけですし、支払う金利も一括返済のキャッシング時よりも多くなりますから、お勧めできない支払い方法だといえます。

 

生活費の補填でキャッシングを利用するのであれば必要な金額だけの借り入れに留め、収入があった時点で借りた金額分を別にしておくということが重要になって来るでしょう。使い方次第で便利にもなり不便にもなるキャッシングですから、使い方を誤らないように気をつけて利用しましょう。