カードローンの審査に通るためのコツ

カードローンの審査に通るためのコツ

カードローンは誰でも借りやすいモノではありますが、それでも100%借りる事が出来る訳ではありません。やはり借りやすい人と借りにくい人が居るのは事実です。

 

審査に通るには、それなりにコツがあるんですよね。自分ではどうにもならない所もありますが、やれるところも確かにあります。細かい部分は色々とありますが、一回はじかれてしまった場合は、違う会社で審査して貰うと通る事もあります。

 

意外と一回でダメだと止めてしまう人も多いのですが、そのカードの会社によって審査の方法も、強弱も違っているので、通る可能性は十分にあります。どういう人に貸したいと思っているかでも大きく変わって来ます。

 

それを踏まえた上でのコツですが、返済の事を考えた場合、貸す側は相手の収入が大事になるのは分かりますよね。しかし、その高さと言うのはあまり重要ではありません。特にカードローンの場合はその傾向が強く、安定した収入があるのか、と言う方が遥かに高く重視されています。

 

昔では考えられないかも知れませんが、アルバイト歴なども判断の材料になります。今はフリーターの人も多いので、お給料などを貰う所がどうかと言うよりも、こういう所で判断されてきますね。定期的に返す事が出来る、と客観的に示すことが出来るかどうかです。

 

なので、示す時は一番高いモノなどではなく、一番安定しているものを示して置く方が良いでしょう。笑い話ではなく、不安定な高収入の事例よりも、フリーター時代の毎月の収入だと通ったという事もあります。もっと金額の多いローンでは別ですが、カードローンの場合はこの安定が顕著です。

 

なので勤続年数なども重要ですね。一般的には一年以上勤めていると通りやすくなると言われています。あまり細かく転職していると、勤続年数が少ないのでそれだけで不安定と判断されてしまう事もあります。

 

その他では、借りる申し込みを少し間を開けると言うのもあります。

 

あまり連続で審査に落ちると、何故か不安定だと考えられてしまうようです。審査に通るには安定が最重要事項です。信用情報は昔ほどには重視されていません。とにかく不安定に見える部分は失くして行きましょう。だからと言って嘘を付いてはいけませんが。